英語

国際化で増えつつある

英語の幼児教育の普及と利点

英語教育

グローバル化が進んでいる現代は英会話ができると言う事で将来の選択肢は増えます。多くの親が小さなうちから子供に英語を学ばせたいと思っています。 実際に幼稚園や保育園のパンフレットを見ると英語教育を行っていることをアピールをしています。我が家の6歳の娘は幼稚園での英語遊びを楽しみにしています。私より発音は良いし簡単な単語も読めます。自分が知っているフレーズが活用できる場があると日本語の間に英語を織り交ぜてきます。2歳の息子は意味は分かっていなくてもアニメの英語のセリフ話したり英語の歌を楽しく歌っています。 低年齢で英語に親しませる利点は恥ずかしがらずに学べることと脳の発達が目覚ましい時期だからです。このまま大人になれば英会話で不自由することはないでしょう。

子供の英語力を無理なく高めるのは

ですが、小学校に上がれは英語教育は3年生からです。その頃には今の学んだものは記憶にないでしょう。そこで活用したいのは子供向けの英会話スクールや家庭学習の教材や子供向けの英語の家庭教師です。 多くの子供向けの英会話スクールでは年齢別に分けられています。楽しみながら質の高い英語教育を受けられるのが魅力的です。家庭学習の教材ではDVDやCD、絵本を使い子供が親しむキャラクターを通しながら遊びながら学ぶことができます。 子供の行動心理をもとに英語教育を薦めてくれるスクール、教材がたくさんあります。どちらも無料体験教室やお試し教材などがあり、子供自身にどのような学び方が良いか選ばせやすい環境が整っています。